時間をかけても取得する価値はある?資格と転職の関係

時間をかけても取得する価値はある?資格と転職の関係

根強い資格人気

 

 転職するために資格取得を目指す。そんな考えを持つ方は少なくありません。転職を希望する職種が資格必須の職業の場合はそんな考えも当然ですが、特に転職したい分野がきまっていないのにとりあえず資格を問ておきたいと考えているのであれば、必ずしも資格が有利に働くとは限りません。

 

資格はあくまでも参考情報

 

 例えば、ビジネスマンとして必要なマナーを身に着けていることを証明するビジネスマナー検定という資格は、どの仕事に転職する場合でもアピール材料になる資格です。

 

 しかし、ビジネスマナー検定を持っているからといって、転職が本当に有利になるかどうかは微妙なところです。資格はアピール材料の一つにはなりますが、採用の合否を分ける決定打になるほど強力なものではありません。

 

 もちろんビジネスマナーは大切ですが、転職では面接での受け答えや熱意の方が重要視されることが一般的です。資格はあくまでも参考程度にしか受け取られないことを覚悟しておきましょう。

 

実務に役立つ資格が有利

 

 資格を取得するなら、実務に役立つ実践的な資格が好まれます。タイピング資格などは実務のスピードに直接的に影響しますし、フォークリフトの免許があれば担当可能な作業は広がります。

 

 転職を有利にするために資格取得を目指すなら、即戦力として使える資格を選びましょう。

 

 

関連
http://xn--e-ieu4b3dv39qmouon8cwdyalrw.net/
転職活動で企業が求める中高年はどのような人材なのか


ホーム RSS購読 サイトマップ